検査・測定・評価

評価•測定を行いフィードバックすることにより、怪我の予防や試合復帰の為の目安を示す事ができます。またそれらを元に障害予防のためのトレーニングや、ストレッチ指導など選手のコンディショニングに役立つデータをチームに提供します。

アスレティックリハビリテーション

競技種目に応じた動作や運動特性、ポジション別の動作スキルの獲得、ウィークポイントの改善など多角的な視点から選手のトレーニングをサポートし、明確な方向性を持って選手をアシストします。

ストレッチング

ストレッチングを適切に実施していただくために競技別・目的別ストレッチング方法の指導、個人に合わせたストレッチング方法の提案、動画によるストレッチング方法の配信などを行ないます。

テーピング

当団体では正しい教育を受けたアスレティックトレーナーが個人に合った テーピングをご提案いたします。テーピングは、関節の構造、腱・靭帯・筋肉の走行具合や役目などの解剖の知識のない人が行なうと、かえってけがを発生させることがあります。安全で効果的な巻き方を身につける事で、安全・安心な日常生活を手に入れる事ができ、スポーツの場面でも大きな武器になります。

ウォーミングアッププログラム

 ウォーミングアップとは、名前の通り体温を上昇させる運動のことを意味し、これから行う競技・運動においてベストパフォーマンスを発揮する為に行います。運動前に体温を上げる事は、多くのメリットを産み出します。
 競技特性やポジション、外的な環境を考慮し、時間・強度・運動の種類を組み合わせる事でパフォーマンス発揮の一助となります。

シューインソール

○シューインソールのあり方 身体の移動を伴うスポーツ動作は、片脚起立の連続です。安定した片脚起立から、意図的または自然に素早く目的とする方向に移動することが必要となります。それを実現するためには関節可動域運動や筋力トレーニング、筋のストレッチやバランス運動が行われます。しかし、それを行っても目的とする動作が出来ない場合もあります。その際には物の力を借りる必要があります。そうしなければ、安定した効率的な運動ができないだけでなく、無理な動作を続ける事で怪我に繋がる可能性が大きくなるからです。 無理な動作を改善し、安全で安心できる動作を獲得するために手助けしてくれるものの1つにシューインソールがあります。様々なインソールがありますが、片脚起立の安定性を無視したり、安全で安心できる効率的な動作に繋がらないインソールを利用されてる場面を多く見かけます。一度、シューインソールのあり方を見直してみて下さい。